横須賀・久里浜 内科・漢方内科
久里浜漢方内科クリニック
トップページ
当院について
診療案内
漢方について
よくある質問
交通アクセス

診 療 案 内

久里浜漢方内科クリニック

診療時間

午前 
9:30〜12:00

午後 
15:00〜17:30

休診日:木曜、日曜祝日


こんな症状に
  • 頭痛/めまい/不眠/神経症
  • 花粉症/鼻炎/気管支喘息/湿疹/じんましん/アトピー
  • 息切れ/胸の痛み/動脈硬化/不整脈/狭心症
  • 腹痛/便秘/下痢/吐き気/胸やけ/胃腸の不調
  • 高血圧/脂質異常/糖尿病/慢性肝炎
  • 貧血/だるい/疲れやすい/むくみ
  • 風邪/インフルエンザ/せき/たん/のどの痛み
  • 動悸/発汗/イライラ/焦燥感
  • 月経不順/月経痛/冷え性
  • 腰痛/膝痛/坐骨神経痛/リウマチ
  • 認知症/排尿障害/前立腺肥大/足腰の衰え/慢性疲労

そのほかにも気になるお悩みがありましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。

診 療 案 内
アレルギー

 花粉症、鼻炎、気管支喘息、湿疹、じんましん、アトピーなど、アレルギー症状もさまざまですが、漢方治療を希望して来院される患者さんも多いです。

 小児のアレルギーも、漢方を中心に診ていますので、ご相談下さい。

 また、健康保険で検査ができ、アレルゲンを39項目まで調べられるView39検査も行っています。

循環器(心臓・血管)

 狭心症、心筋梗塞、心不全、心臓弁膜症、不整脈、大動脈瘤、心筋症、心臓発作、 動脈硬化症、急性冠動脈症候群などの疾患です。

 高血圧の患者さんに対しても、西洋薬の降圧剤と、血圧を下げる効果のある漢方治療を組み合わせるといった特色ある治療により、西洋薬の降圧剤を増量したりせずに効果をあげ、逆に薬を減量できたケースも多々あります。

 院長は、かつて総合病院の循環器科ICU(集中治療室)で勤務していた経歴を持ち、循環器内科系は得意分野でもあります。


消化器(胃腸)

 腹痛、急性・慢性胃炎、胃痛、胃・十二指腸潰瘍、下痢、便秘、逆流性食道炎、 過敏性腸症候群、食中毒、胃痙攣、胃下垂、胃もたれ、みぞおちの痛み、 胆石症、急性・慢性肝炎、自己免疫性肝炎、脂肪肝、B型肝炎、C型肝炎、肝硬変などの疾患です。

 漢方と組み合わせた治療も取り入れています。


糖尿病の治療について

 生活習慣病の「代表格」である糖尿病。治療の大原則は食事療法と適度な運動です。その上で、血糖値がコントロールできない患者さんには薬物療法を考慮します。

 当院では、糖尿病の合併症には積極的に漢方治療を取り入れています。

 糖尿病の薬物治療、その内容はさまざまですが、当院の小野村院長は、京都大学でインクレチン関連薬が開発される時期に、大学院生として在籍し研究して学位を得ており、現在も京都大学の糖尿病、内分泌、栄養内科のOBとして活躍しています。


一般内科系の症状全般

 風邪、扁桃腺炎、発熱、胸痛、むくみ、動悸、疲れ・疲労、だるい、体重減少、立ちくらみ、嘔気、嘔吐、吐き気、胸焼け、食欲不振・減退、肩こりなどの症状全般。

 虚弱体質でよく風邪をひくという小児に対しても、漢方を中心に診ていますが、だんだん体質が改善しているようです。


各種検査、治療について

 各種検査、健診・検診、また保険診療以外のさまざまな治療や検査にも対応しています。


漢方診療について


 体質はその時々で変化していきます。手首の脈を触れ(脈診)、舌を観察して(舌診)、おなかの張り具合を手で押して確かめながら(腹診)、その人に一番合った処方を決めます。

 むかしは生薬を煎じて飲んでいましたが、いまではフリーズドライ製法の発達によって、粉薬(こなぐすり)として調剤された漢方薬ができあがっており、保険診療で使用できます。

クリニック情報

名称 久里浜漢方内科クリニック
住所 〒239-0831神奈川県 横須賀市 久里浜4-13-7 鈴野ビル1F
電話 046-884-8826
診療科目 内科(一般内科・総合内科)/漢方内科
診療時間 月・火・金: 午前9時30分〜12時、午後15時〜17時30分
水・土: 午前9時30分〜12時
休診日 木曜、日曜祝日 ※水曜と土曜は午前診療のみです
ホームページ https://www.kampo-kurihama.jp

Copyright Kurihama Kampo Clinic All rights reserved.