内科・漢方内科|横須賀市 久里浜
HOME 当院について 診療案内 漢方について よくある質問 交通アクセス

ホーム > ドクターコラム > アーユルベーダ医学入門


2022.1.18

アーユルベーダ医学入門

今回のコラムは、難解とされるアーユルベーダ医学を簡単にまとめてみました。

アーユルベーダとは

 古代インドのアーリア人はヒンドウー思想を確立しましたが、その聖典の医学的記載が元になって、今から約5000年前にアーユルベーダが生まれました。

 アーユルベーダは、人間を宇宙に位置付け、人間と宇宙の関係を小宇宙と大宇宙という独特の概念にあてはめ、自然の森羅万象に基づいて、人の健康と不健康、健康の維持増進法、疾病の治療法を詳細に解明しています。

 身体的側面だけではなく、精神的、霊魂的側面も考慮した独特な思想を構築しました。

アーユルベーダの目的

 アーユルベーダの目的は、「健康な人の健康を保護すること」「病気になった時に病気を取り除くこと」の2つに大別されます。アーユルベーダには、予防医学的側面と、治療医学的側面があります。

 簡単に述べると、アーユルベーダは人間が持つ生来の体力を自然な方法で保護し、さらに増強すること、不幸にして病気になった時は、自然治癒力を最大限に引き出し、早期に完全治癒を得る方法を追求しています。

理論の中心 トリドーシャ

 アーユルベーダの理論の中心には、トリドーシャというものがあります。ヴァータ、ピッタ、カパの3つがトリドーシャ(3つのドーシャという意味)になります。ドーシャとは「腐敗させるもの」「悪化させるもの」と言う意味です。

 ヴァータ:体の中で知る、動く、取得するという働きから生命の活力源とされています。

 ピッタ:体の中で燃やす、温めるという火の働きを示します。

 カパ:体の中で結合する、包合する、水分と結合する物などを示します。

 上記3つのドーシャのバランスが取れていれば、人は健康を維持しますが、何らかの原因によりバランスを崩した時に、病気になると考えます。

 3つのドーシャは、食物の摂取により体内に生じた生活態度、環境要因のバランスによって変化するため、不均衡状態になったドーシャを、食物、生活環境、薬物によって均衡状態に戻すことが治療の原則となります。

 漢方医学の気・血・水と言う概念に相通ずるところがあるかもしれません。

(院長: 小野村)




サイトマップ

久里浜漢方内科クリニック 横須賀市久里浜4-13-7 TEL:046-884-8826
Copyright Kurihama Kampo Clinic All rights reserved.